ISUHOUSE 商標登録 International Satisfaction Upholstery house ルイ15世 Louis XV rococo
ルイ15世アームチェア
空想的、非対称、不揃いな縁飾り、直線を極端に嫌うロココの時代です。

写真の椅子は”カブリオレ”椅子と呼ばれています。

 下写真のように、脚は細く、曲線の美しさを追求した、いわゆる猫足のスタイルです。
その猫足の足先には渦巻き形装飾が施されています。(下写真右)
 施されている彫刻は、一切同一な点はなく、左右対称ではない特徴を持っております。
念入りに作られたロココ式装飾家具、重厚な寄せ木細工も作られました。山桜、クルミ材

 当時からマホガニー材が利用され始めました。

 このロココの時代は、貴族がとても豊かになったことにより、家具調度品に費用をかけるようになりました。
そのため、職人達の技能が磨かれ、脚の線の細さ、細かい見事な彫刻が施されるようになりました。
 また、椅子に快適さが求められるようになり、鋼のスプリングが現れます。
その耐久性の高いスプリングと天然素材の馬毛を詰め物とした、ソク土手という椅子張り製法が生まれました。
 ソク土手とは、椅子の形作りをする土手の形成法ですが、ロココ時代の椅子を現在はがしてみても、形が未だに崩れないという技能の粋を集められた製法です。また、詰め物の天然素材の馬毛に関しては、現在でも依然としてそのクッション性は変わりません。
 栄華を極めた時代の産物です。 

[影響] イタリアバロックスタイル
     東インド会社による東洋芸術の輸入
     博物学のための趣向の創造
[NEXT]
一覧へ
HOME