____________

ロココの技法について

現代の名工・上柳博美が、豊かな時間を演出します。
17世紀フランス、ロココ様式の時代から、200年以上受け継がれてきた伝統の技があります。
この技法で製作された椅子は体に心地よく、アンティークと呼ばれるようになるほどの年月を
経てなお、使用に耐えうるほどの耐久性をも持っています。
機械技術が発展し、より精密で正確な作業が可能になったはずの現代でさえ、かなわない技術…。
その秘密を簡単にご紹介しましょう!
ロココアームチェア
下拵え       そく土手       仕上げ

リーフ

下拵えロココ フレーム 
 @左の写真が一番最初の状態。
   まずは、この椅子枠に紙やすりをかけ、塗装をします。


  バネ バネ糸つり 
 A麻糸を綾織にしたテープをあじろに編んで、
   椅子枠の座の部分に固定します。
   その上にバネを並べ、蝋引きしたバネ糸(麻糸)で
   からげて止めます。
 Aヘシャン(麻布)をかぶせ、
   詰め物として天然素材をのせます。



バネ5巻バネ6巻

 バネは椅子の大きさやご予算に合わせて種類を変えます。
 写真左は「五(いつ)巻き」右は「六(む)巻き」と呼ばれるもので、
 巻きの数が違います。
 ちょっと目を凝らして数えてみてください!



椰子ファイバー fibre馬毛 horse hair crin 天然素材は、馬毛椰子の繊維を細く強く
 縄状に捩り、2週間ほど高温の蒸気や熱線に
 あててカールさせたものをほぐして、クッション性を
 加えたものを使用します。

 写真左が椰子の繊維(ヤシファイバー)右は馬毛。
 下に写っているのが、ほぐす前の縄状のものです。


そく土手

ソク土手 チェア B天然素材の上にさらにヘシャン(麻布)をかぶせ、
   反り針や五寸針を使って縁をつくるように何段も縫い、
   「そく土手」を型作ります。
   特殊技能を身につけ、熟練した職人にしか成し得ない
   この技。
   現在では、特別注文の場合のみ、
   数少なく製作されている技法なのです。


反り針 そり針 





  右の写真は
  そく土手(座の部分)
  の拡大と反り針。



仕上げ

ロココチェア Cそく土手の上にさらに天然素材をのせて形を整え
   下張りをします。
 Dさらに綿をのせてお好みの布で上張りをし、
   底にも布を張ります。
   手打ち鋲
 E仕上げにひとつひとつ丁寧に鋲を打って完成です!
  
ちなみに、鋲を使わない仕上げの方法もあります。(下の写真)
    トリム仕上げ 2本玉仕上げ パイピング



リーフ

 ■ここがポイント!■
  ロココの技法で製作した椅子には、次のような特徴があります。

@ 腰掛けた時は椅子の内部の空気が抜け、立ち上がった時は逆に空気を吸い込む性質がある。
A 適度に締め付けたバネが反発力を蓄え、しっかり体重を支えてくれるため、長時間座っても疲れない。
B 天然素材にはぬくもりがあり、また磨耗の度合いもホコリも少ないのが特徴。
何十年使ったものでも、張り替えの際にほぐせば再利用が可能で、環境に優しい最高の素材を使用している。

   当社の椅子のかけ心地、どうぞお試し下さい!

リーフ 飾り

 

HOME 椅子教室 椅子張り替え メディア紹介 ISUHOUSEとは
ISUHOUSE 商標登録 International Satisfaction Upholstery house
株式会社 I.S.U.house 上柳(かみやなぎ)
工房・ショールーム 〒179-0081 東京都練馬区北町6-31-20練馬工房 地図 TEL 03-3931-5040 【メール】