ISUHOUSE HOME 椅子教室 椅子が出来るまで
HOME 椅子教室 椅子の張替え メディア紹介 ISUHOUSEとは
メール 特定商取引に関する
法律に基づく表示

メニュー
椅子教室 トップ
椅子完成写真
椅子教室の流れ

ロココの技法

雑誌掲載リスト
日本経済新聞
朝日新聞
1脚の椅子をおつくりいただくまでの大まかな流れ
まずは椅子のフレームを前もってお選びいただきます。
事前に一度お越しいただき、椅子のフレームをお選びいただきます。
教室の見学の際にお決めいただくことも出来ますが、翌月からのご参加です。
(時間が取れないこともございます)

フレームの選択は大まかにわけて下記のようになります。

フレーム - フランス製フレーム
イタリア製フレーム
椅子の形およびサイズ - アームチェア
アームレスチェア
その他スツールなど
椅子のスタイル - 猫脚の15世スタイル
脚が真っ直ぐの16世スタイル
その他のスタイル
1回目
塗装 椅子教室
お選びいただいたフレームの塗装です。
塗装の前準備としてペーパーをあて、刷毛にて塗装していただきます。
塗装は乾かす時間が長く、待っている間、スミ木を付けたり、
フレームに下準備をしていただきます。
第一回目は塗料が乾く間、他の生徒さんの行程をご覧いただくことで、
これから先の手順がすこしづつお分かりいただけるかと思います。

また、事前にご希望のかたには、
塗装の職人によって塗られたフレームを準備することもできます。

エプロンをご用意ください。
2回目
テープ打ち 椅子教室塗装 椅子教室
麻テープ打ち
バネをのせるための麻テープを釘で打ってもらいます。(写真左)

バネ入れ
バネを並べて、バネ糸でバネをつります。

塗装の続き
塗装を仕上げます。(写真右)

ハサミとエプロンをご用意ください。
ハサミは出来るだけ
切れ味の良いものをお勧めいたします。

ハンマーや針は、一式こちらでそろえます。
また、共有の道具をお使いいただきます。
3・4回目
バネつり 椅子教室かぶせ 椅子教室
バネいれの続き
バネ糸でバラバネ1個づつつり、(左写真)
フランスの伝統的なバネつりで、バネ糸を2本づつつります。

ヘッシャンにてかぶせをします。(右写真)
小さな釘を1本づつ等間隔で打ちます。

椰子ファイバーを詰めます。
4・5・6回目
土手さし 椅子教室下張り 椅子教室
そく土手の形作りを針と糸でしていただきます。
針と糸だけで、綺麗な形を出していきます。(写真左)

馬毛をとじ、下張りをしていただきます。(写真右)
6・7・8〜回目
鋲打ち 椅子教室
上張りです。
布地を張っていただきます。

仕上げには鋲を打ちます。(写真)
布地によってですが、トリム仕上げも出来ます。
完成です。
完成写真
以上、あくまでおおまかな流れです。
背部分がウレタン、座をそく土手で仕上げた場合の行程ですので、
背部分も天然素材でそく土手にした場合はプラス2〜3回かかります。

人それぞれのペースによって教室の回数は異なりますが、
背部分ウレタン、座をそく土手の場合、1脚仕上がるのに7回前後です。

ものづくりに御興味をお持ちの方ご連絡お待ちしております。

E-Mail

〒179−0081
東京都練馬区北町6−31−20
TEL 03-3931-5040  FAX 03-5920-5040
株式会社ISUHOUSE上柳

椅子が家の歴史を伝えていきます!


HOME 椅子教室 椅子張り替え メディア紹介 ISUHOUSEとは
ISUHOUSE 商標登録 International Satisfaction Upholstery house
株式会社ISUHOUSE上柳(かみやなぎ)
工房・ショールーム 〒179-0081 東京都練馬区北町6-31-20練馬工房 地図 TEL 03-3931-5040 【メール】
Copyright. 2012 ISUHOUSE KAMIYANAGI. All Rights Reserved.