____________

パリ国際家具見本市 SALON DU MEUBLE DE PARIS

オーストリッチチェア掲載

パリ家具見本市
 パリ国際見本市 
STYLE ET CONFORT社とGEMにより招待を受けて、日本よりオーストリッチ(ダチョウ)の革で張った椅子を持っていき、
STYLE ET CONFORT 社のブース正面、最良の場所に展示致しました。

 展示の方法としては、日本から準備をしてきた「駝鳥」という文字を墨で書いていただき、
それに合わせて英語で駝鳥の意味「ostrich」、フランス語で「L'ostrush」という文字を
ダチョウの革から切り抜き、展示し、ダチョウの卵もセッティングをしました。

 日本でのオーストリッチの商品といえば、ハンドバックが多いことをみなさんも御存知の事と思います。
今回の展示でフランスに於いても、オーストリッチは貴重な物であることを感じました。
と申しますのは、クラシックスタイルの椅子にオーストリッチを張ることに非常に関心を示しており、
フランス人や訪れた人々は驚きの色を隠せませんでした。
また、固定概念を崩した新しい椅子張り方法と共に、オーストリッチで張られたこの椅子は、
衝撃とショックを与えました。

 この新しい試みの椅子は、日本においての販売を目的として、今回現地フランスの関心・評判を求めたわけです。
多くの方々が非常に興味深く、熱心に対話をさせていただいたことが一つの結果となりました。
中でも、現地での販売を希望される方も現れており、今後はフランス等への商品化を進めていく準備をしている最中です。
 

パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市
現地フランス人の方たちも、オーストリッチを張ってある椅子に非常に興味を示しており、かなりショックを受けておりました。

パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市
また、今回は背・座面を日本で張り、現地に持ち込んだのですが、
その張り方や耐久性等の質問責めにあい、おそるおそる椅子に腰掛けておりましたが、
皆、口々にそのクッション性と耐久性を喜んでおりました。

パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市 パリ家具見本市
「フランスでも販売をしてほしい」といった方々の意見もあり、想像以上の好反響に喜び・驚きが、確信に変わりました。
関連記事
オーストリッチチェア掲載

 

HOME 椅子教室 椅子張り替え メディア紹介 ISUHOUSEとは
ISUHOUSE 商標登録 International Satisfaction Upholstery house
株式会社 I.S.U.house 上柳(かみやなぎ)
工房・ショールーム 〒179-0081 東京都練馬区北町6-31-20練馬工房 地図 TEL 03-3931-5040 【メール】